デンターネット ブラックでんリスト 高知県2020年 4件

ブラックでんリスト 高知県2020年 4件
 
 
ブラックでんリスト 高知県2020年 4件
全国マップ  高知県ランキング
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 
ページ [2020年]  [2019年]  [2018年]  [2017年]  [2016年]  [2015年]  [2014年]  [2013年]  [2012年]  [2011年]  [2010年]  [2009年]  [2008年]  [2007年]  [2006年]  [2005年]  [2004年]  

[高知県2020年-4] ●●歯科 匿名

以前から知り合いがかかっていたのですが、最近痛みが酷い状態が続いており何度か続けて通っていたらしく、その際毎回真面目に話を伺っても「そら、大変やね〜」等おちょくるような言い方で対応されるということが続いていると聞きました。

人それぞれ捉え方があるので実際のところどうなのか判断出来ませんでしたし、直接聞いたわけでは無いので合わないなら医者を変えることを進めていましたが、我慢して通っていたようです。

そして、味付け海苔を食べるにも痛みが出るに至って来院したところで同じような対応をされ、会計時に指摘をしたところハッキリ分かるように舌打ちをされたとのことです。

舌打ちとまでなると流石に病院側をフォローしようがないので、そういう病院ということなんだろうと思います。

因みに患部は神経の無い部分であり、神経が無いから痛むはずはないとの一点張りだったようで、私もそう思っていましたが、別の歯科に電話をしたところ神経を抜いてても該当の痛みが出ることはあるとのことらしく、そちらで今度診察するようです。

技術的に問題がない歯科かどうなのかについては、その結果次第でまた書かせてもらおうと思います。

[高知県2020年-3] ●●歯科 お年寄りは目障りですか?

本日診察でお伺いした際に人権侵害に値するような行為を見聞きしたので、書かせていただきます。
高齢者女性患者に対する先生の対応についてです。所感ではその高齢女性は耳が遠く先生と会話するのに苦労しているようでした。先生の伝えたい内容が聞き取りにくく、何度もやり取りしている状況だったと思います。ここまでは弱聴者とのやり取りでよくある光景でした。
しかし次の瞬間、怒鳴ったような大声で「どこが痛いんですか?どうすればいいのですか?痛いなら抜くしかありませんね!」と・・・。正直驚愕しました。私だけでなく働いているスタッフも驚愕しているような感じでした。先生、あなたは医療従事者ですよね?医療従事者が耳の遠いと思われる患者さんに感情をぶちまいていいのでしょうか。助手についていた女性スタッフが丁寧にフォローしていたのでその時私は声に挙げませんでしたが、完全にドクターハラスメントですよ。助手さんが優しく丁寧に話しかけたら高齢女性の方は理解しているようでしたよ。なぜ、先生という立場におりながらそのような態度を取ったのか疑問です。何かその患者さんが悪態でもついたのでしょうか?ただあなたの感情だけでドクターハラスメントを行ったのであれば、それは間違いです。
なぜこのような事を申すかというと、私は長年ボランティア活動を通して、聴覚障害の方のお手伝いをしております。ただ本日の態度はあまりにも酷い内容だったからです。自分の感情まかせに理不尽に弱者にあたるのは、昨日死刑判決を受けた津久井やまゆり園事件の死刑囚と同じですよ!本当に自分のやった事がわかってますか?
普段からもスタッフにあたる姿も見ております。傍目からみるとハラスメントが横行していると思っております。
もし自分の親族の方が耳が遠いという理由だけで、先生から理不尽な態度を取られたらあなたはどう思いますか?
もし私がそこで働いているスタッフの親なら、ハラスメントが横行しているようなそこの歯医者は即座に辞めさせます。
もう一度よく考えてみてください。私みたいな患者もいるので、一事が万事ですよ。もっと患者やスタッフに寄り添ってみればどうでしょうか。

[高知県2020年-2] ●●歯科 かめ

受付の人が愛想なく感じが悪い。

[高知県2020年-1] ●●歯科 J

顎が急に痛くなり、急遽受け入れてくださったこちらへ根管治療で夏から通っています。最初の院長先生の見立ては納得ができましたが、その後治療が進むにつれても、新しくレントゲン写真を撮っても、どんな治療をしたのか詳しくは教えてくれません。
治療に行くたびに、一番最初に撮ったレントゲン写真のみが画面に映し出されています。


これまで私は関東に住んでいましたが、関東では毎回、写真を撮ってここがこうなっていたのでと治療の最後に説明を受けていました。こちらの歯科は簡単に「根っこの治療をしました、また続けていきます」的なシンプルな説明しか医師からされませんでしたので、なんだかその感じにはなかなか慣れません。
また、基本的には歯科医師と話すのではなく、衛生士さんを介して話を伝えてもらうというシステムのようで…


根管治療が進んでもどうにも根本の痛みが地味に残っているので、歯科衛生士さんに伝えると
「神経を残しているので」「あまり痛むようでしたら神経をとらないといけませんね」
などとどの衛生士さんも言うのです。
が、そもそも根管治療って、神経をとっていると思うのです…

県外にいる親戚の歯科医師と、友人の衛生士にその説明をすると
「そこまで根管治療してるのに神経を残しているの…?なぞ…」
とのこと。ガリガリ細い器具で何度も根管を掘っていたので、神経を取り除いているのだと思っていたのですが…


でも、医師の先生は他の方の治療で忙しいので、毎回、痛みの様子見のついでの歯のクリーニングだけの私の診察室には来てくれません。呼んだらもしかしたら来てくれるかもしれませんが…
歯科衛生士さんへの当たりも強いので…ちょっと怖くて…

歯科衛生士さん界隈では、衛生士の入れ替わりが早い歯科で有名だそうです。
仕事はすごく早いし丁寧です。虫歯もレーザー治療であっという間に治してくれます。
歯科衛生士さんにもかなりのレベルを要求しているので厳しいのだとは思います。


さて、私の根管治療はどうなるのか。。
とりあえず今回は自分で提案して、マウスピースを作ってもらい(保険適用)、夜中のくいしばりの軽減をためしている最中です。


来週には、自宅からちょっと遠いのですが、山田の宇賀歯科にセカンドオピニオンに行こうと予約をいれました。
宇賀歯科はマイクロスコープで丁寧に診察してくれますので。(ただし、かなり丁寧なので、診察に時間を要します(⌒-⌒; )


ページ [2020年]  [2019年]  [2018年]  [2017年]  [2016年]  [2015年]  [2014年]  [2013年]  [2012年]  [2011年]  [2010年]  [2009年]  [2008年]  [2007年]  [2006年]  [2005年]  [2004年]  
  トータルアクセス数: 572330052